女性に最適なワークスタイル

介護業界は他の業界に比べて女性が働きやすい待遇を与えている職場が多いものの、それでもなお働き続けるのが難しくなるケースはあります。

常勤で無理ならパートで働くと考えて介護現場で働き続けようとする女性もいますが、家庭の事情でそれすらも厳しくなってしまう場合もあります。

特に育児や自宅介護などが必要になった際、まとまった時間を確保できることは少なく、離職せざるを得ない状況に陥ってしまいやすいものです。その際にも、介護業界で働き続けてブランクを作らないようにしたいと考えるなら、スポット的な働き方を検討してみると良いでしょう。

パートで契約すれば、必ず週に数日は数時間ずつ働くことになりますが、まとまった時間に仕事ができれば問題はありません。
そして数ある介護の職種の中でも、特に育児や家事と両立しやすい職種だといえるのが、訪問介護です。夜勤もなく、残業もなく、規則的なワークスタイルを確保できます。

近年、自宅で介護を受けたいという人が増えている影響で人材の募集も多くなっています。訪問介護サービスを行っている企業に所属して、自分が動ける範囲で仕事を請け負うというスタンスにすれば、自分なりのワークスタイルを実現しやすいでしょう。

訪問介護では、ある程度のノルマがある場合は多いですが、週に一度程度なら働けるという状況なら問題なく採用してもらえる傾向にあります。需要が高まっているのに伴い、訪問介護の未経験者に研修を行ってくれる企業も増えているので、スポット的な働き方に興味を持った方は検討してみてはどうでしょう。