女性が多い現場のハードル

介護業界は女性の働き手が多いのが特徴であり、一般的な職場とは男女比が逆転している場合がほとんどです。男性が一割程度ということも多く、現場によっては男性の姿がほとんど見られないこともあります。

他の業界では逆に女性が一割ほどしかいないようなこともあり、多くても半数未満というのが通常です。
女性にとって大きなハードルになりやすいのが、介護など女性中心の現場に入って順応すること。しばしばそれが原因で職場を転々としている人もいます。

男性中心の職場ではあくまで社会的な関係を築こうという意識が高く、ビジネスパーソンとして基本的な振る舞いを徹底していれば悪く思われることはあまりありません。
しかし、女性の場合、そのスタンスではあまり受け入れられない現場もあり、長いものには巻かれろという雰囲気がある現場もしばしばあります。

その職場の様子を察知して適切な形で人間関係を作り上げていく必要性が高いのが介護系の職場の大半に共通することです。
職場への順応が問題になってしまうと、仕事にやりがいがあっても職場には居づらいという状況に陥ってしまいます。そのため、自分が過ごしやすい環境が整った現場を探し出すことが重要です。

職場によって新人に対する対応のあり方も、全体としての人間関係の形にも大差があります。女性が多い現場で働いたことがない人は、特に覚悟を持って介護業界に参入する必要があります。
また、はじめて介護の世界に入る前に、女性介護士の実情や悩みをリサーチしておくと良いでしょう。