月曜日, 11月 29
Shadow

一般的なイメージとのギャップ

介護職は、需要が高い一方で人手不足が問題視されている仕事です。そのため、介護職の求人は多く、介護業界は売り手市場だといわれています。
しかし、介護業界は一般的に給料も低く、仕事もきついといったイメージがありますが、実際にそうなのでしょうか。

実際に働いてみると分かりますが、介護職は確かに大変な仕事です。高齢とはいえ大きな大人の方の介助を行うため、それなりに体力を使います。
しかし、レクリエーションなどコミュニケーションと交わす中で利用者の笑顔が見れるなど、やりがいを感じられる場面も多くあります。献身的にお世話をする中で信頼関係も生まれ、利用者やその家族から感謝の言葉を掛けられるなどやっていて良かったと感じられる場面が多いのが介護職の仕事です。

また、よく懸念される収入面ですが、頑張り次第では収入アップを叶えることが可能です。
無資格や未経験の場合、確かに期待できるほどの収入はないかもしれません。しかし、働きながら資格を取得することでキャリアアップもでき、それに伴い手当などで収入アップを叶えることができるのです。
また、資格がない場合は夜勤で働くことで手当が付き、収入をアップを叶えることができます。

介護職は、一般的にあまり良いイメージではないことが多いようですが、見方や働き方次第では長く活躍できる仕事です。
現在では、資格を取るためのサポートを行っている施設もあり、介護職にチャレンジしてみたい人は自分に合う職場を探してみると良いでしょう。